医学部予備校の選び方や費用は?

自分に最適だと思える予備校を選んでください

医学部予備校に通うとやる気や学習効率が上がる試験に合格するには、医学部ならではの出題の対策が必要自分に最適だと思える予備校を選んでください

そんなときは、講師やスタッフに気軽に相談できる環境があればまたやる気を取り戻せることがあります。
体験入学を実施している学校であれば、積極的に参加してどのような雰囲気なのかも見ておいてくださいね。
予備校に通うとなったら、費用のことが気になる人も多いでしょう。
選抜コースがある場合、そのコースを選べば年間100万から200万円程度が平均とされています。
大都市や地方などで多少料金に差が出ることもありますが、大多数の学校がこの範囲内となっているようです。
一般コースの場合はどの予備校を選ぶか、どのレベルのクラスになるかによっても変わってきますが、年間で200万から700万円程度が相場だといわれています。
医学系の学校には、全寮制度を設けているところも多くなっています。
全寮制では、別途入寮費が必要となります。
入寮費は100万円程度かかるのが一般的ですが、生活面や健康面もしっかりと管理してもらえるので安心です。
自分の希望する条件をすべて満たしている予備校を見つけるのは、かなり難しいことでしょう。
見つからなかった場合は、どの条件を優先するのかを決めて複数の学校を実際に見学してみましょう。
いくら口コミが良かったり、人気があるからといって自分と相性がいいとは限りません。
実際に見たり、可能ならスタッフから話を聞くなどして決めることが大事になります。
簡単に選んでしまうと、学習がうまくいかず後悔することになりかねません。
資料や他人の意見だけに頼らず、自分に最適だと思える予備校を選んでくださいね。

ここにきて北里医学部でも。


北里大補欠合格連絡、男子ら優先(共同通信) - Yahoo!ニュース https://t.co/DgiqBf2j1j @YahooNewsTopics

— 医学部予備校ACE Academy (@aceacademy9) 2018年12月10日